ムダ毛の構造

ムダ毛の構造を解説します

ムダ毛の構造

ラヴォーグのような全身脱毛サロンに通うなら、ムダ毛の構造についても理解しておいた方が良いです。


ラヴォーグで採用している光脱毛の仕組みを理解するうえでも、ムダ毛、つまり人間の体毛がどういう構造になっているのか、理解しておくことは重要です。


最初に人間の体毛の構造について、断面図を示します。図に記載されているそれぞれの用語について、順に解説して行きますね。


ムダ毛は見た目上、毛幹と毛根に分かれます

まず図の一番右側を見てください。人間の体毛、ムダ毛は、皮膚の毛穴からでていて目で見える部分を「毛幹」、皮膚の下にあって目には見えない部分を「毛根」と呼んで2つに区分しています。


脱毛もそうですが、美容など見た目上で重要なのは「毛幹」部分ですが、じつは体毛の重要な機能は「毛根」に集中しています。


毛根部の最も重要な器官は毛乳頭

毛根部分をさらに分解していくと、左側に記載されている各部に分かれます。


まず、毛根部は「毛包」という袋状の器官に包まれていて、毛包の皮膚表面に開いている出口が「毛穴」です。


毛包の一番奥、体毛の根元部分には、「毛母細胞」があります。毛母細胞は、人間の細胞の中でも最も細胞分裂が早いもので、だからこそ体毛は体感できる早さで成長していくのです。


毛母細胞の奥には「毛乳頭」があります。構造的には、毛乳頭をぐるりと取り囲むように毛母細胞が覆っているようなイメージです。


毛乳頭は、毛細血管から栄養を取り入れて毛母細胞に伝えて成長を促します。人間の体毛、ムダ毛を成長させるためには、毛乳頭の存在が不可欠です。


脱毛施術は毛乳頭をターゲット

光脱毛でもレーザー脱毛でも同じですが、光を照射するタイプの脱毛方法は、すべて毛乳頭をターゲットにしています。


レーザー脱毛の場合は毛乳頭の働きを壊し、光脱毛の場合は毛乳頭の働きを弱めて、脱毛効果を得ます。つまり、毛母細胞への栄養供給を止めて脱毛効果を得るというロジックです。


ラヴォーグのような全身脱毛サロンで脱毛施術をするとき、脱毛器は、毛乳頭に働きかけているんですね。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 大分駅前店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!